沿革

2018年4月現在
1962年
杉本工業所創立。
トランジスター防湿用モレキュラーシーブス成型品の製造販売を始める。
1966年
組織を法人化し、商号を「日化精工株式会社」と改める。
1970年
半導体スライス用ワックス「アドフィックス」を発売し、ワックスメーカーとして第一歩刻む。
1976年
精密加工時の表面保護剤「スカイコート(現プレインコート)」を発売。
1977年
スライス用エポキシ接着剤「Z-BOND」を発売。エポキシ接着剤の研究開発を始める。
1979年
ガスカラム(脱酸素カラム)ドライカラム(脱水分カラム)発売。
1985年
宇都宮工場完成。
1986年
液状ワックス「スカイリキッドシリーズ」の開発に成功。ウェーハの自動貼付を可能にした。
1987年
韓国・台湾に代理店を設け、その他の国とは直貿を始める。
1989年
アルカリ可溶のリキッドワックス洗浄剤を開発。特許出願(後年特許確定)
1993年
本社を移転。
1996年
技術センター完成。
2000年
半導体ウェーハ薄片化工程用にスペースリキッドを開発。
2001年
全社でISO9001認証取得。
2003年
宇都宮工場でISO14001認証取得。
2004年
ウェーハ表面洗浄剤「ドライノンC」を開発
2006年
ドライノンC」専用工場完成
2007年
中国上海に協力会社との合資による子会社を設立。中国総代理店とする。
2009年
本社を世田谷区野沢に移転。
2012年
新たに100%資本により中国上海に子会社を設立。
中国総代理店として業務を引き継ぐ。

宇都宮工場拡張。
2014年
経済産業省が認定する「グローバルニッチトップ(GNT)企業100 選」に認定。

ページの先頭へ